バイオチャレンジの解説集

バイオチャレンジのメカニズム

バイオチャレンジのしくみ



ここでは、バイオチャレンジがどのようなしくみで除菌・消臭をし、その持続性を保っているのかをご説明します。



浄化のメカニズム 浄化のメカニズム
バイオチャレンジの主成分である“安定化二酸化塩素”は有機物に対して鋭く反応する特性を持っています。この性質が浄化能力に効果的に作用し、優れた浄化剤として働きます。

薬剤での除菌の場合、薬剤が菌を外から溶かすようにして不活化しますので、強い刺激を要します。
一方、バイオチャレンジは菌の排泄口から菌の体内に侵入し、中から不活化するので、刺激性が低いままで同等以上の力を発揮します。
消臭のメカニズム 消臭のメカニズム
バイオチャレンジが悪臭の原因である汚染化合物に接触すると、酸化作用により悪臭の分子元素に即座に結合して分解します。その結果、無臭で無害な物質に変質させ 、たちまち悪臭の原因を消し去ります。

簡単に表すと、ニオイの元を空気に戻しているのです。
長時間継続のメカニズム 長時間持続のメカニズム
バイオチャレンジは、特殊技術によりスプレーされた水溶液中に絶えず遊離した状態で存在し続けます。そして継続的に、活性化したバイオチャレンジを供給します。長時 間にわたり、浄化・消臭の効果を発揮し続けます。この「高い持続性」が、バイオチャレンジの最も特徴的な性能です。

アルコールは、消毒した時点で、そこにいた菌を爆発的なチカラで死滅させますが、その後フワフワやってきた菌に対しては効果がありません。一方、バイオチャレンジは 、壁や床などに残ったバイオチャレンジ粒子が継続的に働きますので、後からフワフワやってきた菌にも反応します。約144時間(6日間)働きます。


前のページに戻る

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

特設コーナー

最近ペットを飼い始めた方応援中!
ここをクリック

ペットを飼い始めた方に贈る「日ごろのケア」情報を掲載

ペットの与えてはいけないもの

ワンちゃんのしつけ駆け込み寺


平日午後4時までのご注文は即日発送!

平日の午後四時までにご注文いただきました商品は、即日発送させていただきます。※メーカー在庫状況により、即日発送ができない場合がございます。

高齢犬のケア

わんポイントケアアドバイス


Youtubeチャンネル

YouTubeチャンネル

日本スマート・ライフ研究による

”YouTubeチャンネル”です!

ページトップへ