メディケアライン ピクニックシャンプー(ノーマルスキンタイプ)

価格: ¥2,940 (税込)
[ポイント還元 88ポイント~]
数量:


マグネシウム系皮膚改善シャンプー
ノーマルタイプ~優しい低刺激~

ノーマルスキンB ピクニックシャンプーは全国の動物病院で愛用されています♪
熱めのお湯(50℃前後)で5倍~8倍程度に薄めてお使い下さい。
プードル・シーズー・ポメラニアン・ヨーキー・フレンチブル・シュナウザー・ゴールデン
シェルティ・ビーグル他、アトピー・アレルギー性皮膚炎等のワンちゃんに大人気!
しかも薄められるタイプなので大変お買い得ですよ♪

どうしてマグネシウム?
電気的に二価イオンであるため、肌に優しく、でもしっかり洗います。ピクニックシャンプーは原料から他社のシャンプーと違いますので、絶対的にワンちゃんの皮膚には低刺激なのです!

バリア機能アップ
洗いながら皮膚へマグネシウムを浸透させます。実はこれがマグネシウムの補給に即効性があります。これで免疫力を引き上げて自己治癒力を高めます。


[主成分]マグネシウム系洗浄剤
[副成分]アロエ・ヨクイニン・オウバク・シコン・甘草・天然フローラル
[容量] 300ml




■ピクニックシャンプーについて


ピクニックシャンプー

ピクニックシャンプーは皮膚のバリア機能の
「回復」「維持」を目的として開発されました!

実は動物病院に来る動物の30%以上が皮膚病の犬なのです。大部分はアトピーと角化症およびそれらの疾患に関する感染症です。


臨床医学に基づいて、犬の皮膚トラブルを考えました。


これらの疾患での特徴は、発症以前に感染を許容するほど皮膚のコンディションが劣化している点で、発症以前のコンディションが必要となります。特にアトピーは、定期的に増悪期と、無症状期を繰り返すために、無症状期に治療をするという考えが欠如しがちです。

しかし、アトピー患者の皮膚は無症状期にもバリアの不可欠な要素であるセラミドの減少、皮膚が正常な代謝を行うための水分量の減少が生じており、この時期の治療が発症を左右します。

すなわち皮膚疾患、特にアトピーにおいてスキンケアはオプションではなく、薬物治療と同等の、あるいはそれ以上に重要な治療法であると考えられています。

皮膚病のほとんどは、バリア機能の低下で発病します。

角質層は、皮膚細胞代謝の最終形態で、すでに死んだ細胞ですが、体表最表層を何重にも覆うことによって内部の生きた細胞を守っています。
健康な皮膚は、この角質層によってさまざまな物質の侵入を防ぎ、また体内の水分の喪失を防げるように保護されています。アトピーのように表皮脂質が減少する疾患では、角質層とセラミド等で形成される、外→内バリアが機能せず、細菌や抗原の侵入を許容する状態になります。


効果的なシャンプーの選択と注意点


■シャンプー

シャンプーの選択で最も重要なポイントは洗浄力があることと、皮膚刺激性が少ないことですが、この2つは基本的には両立しません。全ての洗浄剤は細胞に有害であり、皮膚病変があればその副作用はさらに表現しやすくなります。
動物用シャンプーは十分な規制や企業モラルが浸透していないため、特に注意しなければなりません。
スキンケアに使用されるシャンプーは、全成分表示のものを選択し、洗浄成分が含有されていること、有害化学物質が含有されていないことを確認する必要があります。
また、洗浄成分に刺激性の高い陽イオン界面活性剤(注:リンスは界面活性剤→リンスは陽イオン界面活性剤に分類され、極めて皮膚刺激が強いため、皮膚疾患を有する犬への禁忌となります。)が使用されていないことも重要なポイントです。


天然成分で地肌にやさしい弱酸性


ピクニックシャンプーは、肌の弱いワンちゃんにご利用いただけるよう、着色剤は使用せず、植物由来の天然成分を配合しております。そのため高い洗浄力でありながら低刺激で、定期的に使用していただくには最適です。
また、肌の状態や毛質にあわせた様々なタイプがあるので、すべてのワンちゃんに活力と美しさを与えます。

関連商品

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

特設コーナー

最近ペットを飼い始めた方応援中!
ここをクリック

ペットを飼い始めた方に贈る「日ごろのケア」情報を掲載

ペットの与えてはいけないもの

ワンちゃんのしつけ駆け込み寺


平日午後4時までのご注文は即日発送!

平日の午後四時までにご注文いただきました商品は、即日発送させていただきます。※メーカー在庫状況により、即日発送ができない場合がございます。

高齢犬のケア

わんポイントケアアドバイス


Youtubeチャンネル

YouTubeチャンネル

日本スマート・ライフ研究による

”YouTubeチャンネル”です!

ページトップへ